Johnny's labo

ジャニーズについて研究します。

ジャニーズ楽曲大賞2015

今年もこの季節がやってきた。

私が投票した曲は、一部忘れてしまったが、1グループ1曲までというのが自分のポリシーだ。

覚えている限りでは嵐「何度だって」、V6「SPOT LIGHT」、A.B.C-Z「Summer上々!!」、Sexy Zone「Make my day」あたりだろうか?あとNEWSの「White」収録の楽曲に投票した気がする(おそらく「NYARO」か「Weather NEWS」)。順位も忘れてしまって申し訳ない。

さて、ふたを開けてみると私が投票した曲は案外ランクが低かった……とそれは置いておいて、私が気になった曲を挙げていこうと思う。

 

264位 「何度だって」嵐 70pt

 私の大本命だっただけに少々凹んだ。通常盤カップリングは人目(耳?)に触れづらいのが残念……

221位 「強く 強く 強く」関ジャニ∞ 161pt

 なんとシングル曲にして関ジャニ∞内最少得票。ファンからの支持が少なかったのが原因だろうか?

205位 「バリ ハピ」ジャニーズWEST 231pt

 こちらは最少得票こそ免れたもののやはりファンからの支持は集まらず……

155位 「とことんGot It!」中山優馬 435pt

 母数の差が原因だろうが、Jr.ファン票が上回った。ここまで自分の名前やタイアップの商品名・ひいては企業名も入れてしまう曲があっただろうか?

130位 「BREAK OUT」V6 561pt

 こちらもJr.票が目立つ。やはりJr.がパフォーマンスをすると効果は大きい。

125位 「貯金箱」中山優馬 618pt

 シングル表題曲を上回ってしまうカップリング曲。正直もっと上に行くと思っていた。こちらもJr.票が上回った。

117位 「Make a wish」嵐 698pt

 こちらも案外順位が低かった(とはいっても「何度だって」の10倍票は集めているが……)。ラジオで初めて聴いたときに一聴き惚れしてしまった曲だ。余談ではあるが、個人的に嵐の曲でCDで聴くより早く一聴き惚れしてしまったのは発売日にCDショップで流れていた「Waiting for you」以来だった。

 113位 「この手をつなごう」Sexy Boyz・Sexy 松 726pt

 前年の未音源化部門4位の曲がここでランクイン。やはりJr.票が圧倒的。

100位(同率) 「パリピポアンセム」ジャニーズWEST 870pt

 正直最初に聴いたときの印象は微妙だったが聴くたびに好きになっていく曲。少クラin大阪での関ジュとのパフォーマンスは良かった。Mステなどで披露されていないのが残念。

80位 「White Love Story」NEWS 1115pt

 小山くんが太一くんの結婚式で贈りたい曲。アルバムのタイトルにぴったりの純白が似合う曲。

 77位 「Summer上々!!」A.B.C-Z 1144pt

 この曲での塚ちゃんの立ち位置がとても良い。A.B.C-Zでダントツで好きな曲。

76位 「ユーモアしちゃうよ」SMAP 1154pt

 年越しのCDTVで好きになった曲。Mステでの慎吾くんのアニメ声とそれにつられて笑ってしまう草彅くんが印象的だった。

 75位 「Make my day」Sexy Zone 1175pt

 表題曲の「カラフルEyes」が草食系な感じの曲なのに対してカップリングは最高に肉食系な曲。カップリングとしては異例の((アルバム収録も決まった。爽やかで強気なラブソングでとても好きだが、5人ご祝儀は「カラフルEyes」に流れてしまったようだ……

66位 「NYARO」NEWS 1379pt

 前年の未音源化部門2位の曲がここでランクイン。真夏の曲なのに冬にリリースとなった。『3度目の恋』とあるが「チャンカパーナ」も「渚のお姉サマー」も別れたということか……

51位 「東京ドライブ」TOKIO 1670pt

 対象曲が3曲と断トツで少なかったTOKIOは、対象曲5曲中4曲がシングル表題曲のSMAPとは対照的に一極集中だった。また、他の方が調べていたが他グループファンの占める得票割合は断トツらしい。ただしファンの数が少ないためSMAPの方が票数の多い曲もあるのだが……

44位 「ANTHEM」NEWS 1812pt

 CWC公式テーマソングがここでランクイン。次のアルバムに入るカップリング枠はこれで決まりであろう。また、NEWSファンの得票数では2位というのが興味深い。

40位 「Dead or AliveKAT-TUN 1986pt

 諸事情でMステ披露が無くなった曲。とてもカッコいいのに地上波披露は2014年の最後に女装したよくわからない歌番組と例の発表があった時くらいで非常に残念である。

37位 「前向きスクリーム!」関ジャニ∞ 2073pt

 2015年の関ジャニ∞といえばこの曲だった。紅白での木村くんの全力ダンスは忘れられない。なのでもっと上位だと思っていたのだが……

36位 「青空の下、キミのとなり」嵐 2075pt

 嵐の曲の爽やか票がほぼほぼ「愛を叫べ」に流れてしまったのか、思ったより順位が低かった曲。曲調とは裏腹に歌詞が感動的である。

34位 「山手線内回り~愛の迷路~」タッキー&翼 2111pt

 「山手線外回り」以来の山手線ソング(そんなジャンルは無いが……)はシングル表題曲とあって、またクセになる曲でもあり多くの人の耳に触れ、票数を伸ばした。個人的には「山手線外回り」の方が好きではあるが、最近山手線の内回りに乗るたびに聴いてしまうほどだ。

33位 「チュムチュム」NEWS 2169pt

 初めて聴いた人全員の頭の上に?が浮かぶであろう曲。国名を列挙しタイムスリップしたと思ったらインドに行ってしまい一体NEWSはどこへ向かっているのか分からなかった(結局最新曲で戻ったが)。最初のカタカナの歌詞は後ろから読むと意味が通ると知った時の驚きは言い表せない。

31位 「BYAKUYA」NEWS 2279pt

 これは何といっても松島くんのパフォーマンス効果も大きいだろう。JUMP以前のグループの票は「チュムチュム」の方が多いのだが、キスマイ以降のいわゆる"少クラ世代"票で逆転した。

 27位 「ユメニカケル」嵐 2387pt

 JALのCMソングがここにランクイン。嵐ファンによる順位では3位となったのが大きい。

26位 「SPOT LIGHT」V6 2622pt

25位 「SP "Break the wall"」V6 2634pt

 V6の楽曲が連続でランクイン。「SPOT LIGHT」はPVでの一体感が印象的な20周年のアニバーサリーにピッタリな曲で、「SP "Break the wall"」は長らく音源化が望まれていたなかベストアルバム通常盤のシークレットトラックとして収録されるサプライズもあった。V6運営の愛が垣間見える2曲である。

17位 「愛言葉」NEWS 3553pt

 こちらは2013年の10周年を記念して作られたメンバーの自作曲が2年越しの音源化となった。2013年の未音源化部門1位曲である。紆余曲折あったグループの歴史を素敵な歌詞に変身させる加藤シゲアキ先生をはじめとしたメンバーには脱帽する。なにより山Pファンの最多得票曲であるところにも愛が感じられる。

15位 「Timeless」V6 3677pt

 2015年唯一のシングル曲がここにランクイン。Mステのメンバーカラ―のオブジェが印象的(ウーパールーパーなんて言わない)。

14位 「YOLO moment」中山優馬 3699pt

 優馬くん曲では断トツの得票となった。バックの効果もあってかJr.票が圧倒的でJr.票では2位となった。個人的にはMステの関ジュが忘れられない。

13位 「Moonlight walker」A.B.C-Z 4167pt

 満を持してのシングルリリースとなった曲。やはりFNSでのジャガーズばりの働きをするSnow Manが印象的だった。

 12位 「Sakura」嵐 4223pt

 嵐ファンで根強いのがこの曲のようなカッコいいダンス曲が好きな層である。2008年に「truth」が首位を獲得したように嵐に求められるカタチは様々なのであろう。

 11位 「Chau♯」Hey!Say!JUMP 4267pt

 王子様衣装が印象的な曲。あの衣装がこの歳で似合うのはまさに奇跡である。

10位 「愛よ、僕を導いてゆけ」Hey!Say!JUMP 4936pt

 今回の楽曲大賞での最大の収穫はこれである。この企画が無かったらおそらく出会わなかったであろう曲であり、まさにこの企画の醍醐味である。普通にシングル曲でもおかしくない曲で、ドラマ主題歌に使われていそうな曲である。個人的JUMPラブソングは「AinoArika」が圧勝だったのだが、心が動いてしまいそうだ。

9位 「~此処から~」V6 5113pt

 メンバーによる自作曲。20年間を綴った等身大の歌詞が感動的である。

8位 「我 I Need You」Hey!Say!JUMP 5310pt

7位 「キミアトラクション」Hey!Say!JUMP 5586pt

 JUMP曲ラッシュがここで終わった。2連覇していて今年もかと思っていたので意外だった。

6位 「Hey you!」Sexy Zone 5684pt

5位 「カラフルEyes」Sexy Zone 5928pt

 5人曲がここで立て続けにランクイン。ファン票では「カラフルEyes」が圧勝だがJr.票では「Hey you!」が上回っている所も面白い。前年の「ぶつかっちゃうよ」同様愉快な曲の「Hey you!」と久々の5人シングルの「カラフルEyes」という性質の違う曲が接戦となった点が非常に興味深い結果となった。

4位 「PARTY MANIACS」ジャニーズWEST 6677pt

 正直これには非常に驚いた。ミニアルバムの通常盤にのみ収録といった"隠れている"曲なのに各グループのファンから幅広く票を集めているのが驚きである。皆さんどこで知るのか?Jr.の力とは思えないほどの影響力である。

3位 「勝手に仕上がれ」関ジャニ∞ 6769pt

 K! A! NJA! NIEIGHT!と思わず口ずさんでしまう曲がここでランクイン。それにしてもファンからの得票数が圧倒的である。

2位 「Wait for You」V6 7494pt

 JUMPが出尽くしたとき内心これが1位だと思っていた。2009年の「ブリュレ」以来のアルバム曲首位&2011年の「Sexy.Honey.Bunny!」以来のV6曲首位はならなかったが、今年のV6を象徴する1曲であった。

1位 「愛を叫べ」嵐 7790pt

 意外ではあったものの納得の1位である。2006年の企画開始以来「きっと大丈夫」「Love so sweet」「truth」と三連覇を果たした嵐が久々の首位奪還となった。他のグループのファンからも多くの票を集め、まさに1位にふさわしい結果となった。

 

改めて振り返ってみると凄まじい企画であり、これをこなす主催者の方へは感謝してもしきれないほどである。

また今年も多くの楽曲との出会いを楽しみにし、次の投票を楽しみに待ちたいと思う。

 

参照:

ジャニーズ楽曲大賞2015

広告を非表示にする